睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

睡眠中に無呼吸になる病気です。
眠時無呼吸は大きくわけると閉塞型(気道が閉じるタイプ)と中枢型(呼吸の指令がなくなるタイプ)にわけられます。
ここでは割合の大半を占める閉塞型についてご説明します。

無呼吸とは10秒間の呼吸の停止(気道が閉じている)と定義されます。
それが1時間に5回以上みられる場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
無呼吸自体で死んでしまうことはありません。
なぜなら無呼吸が続き、苦しくなってくると胸とお腹を一生懸命に動かしてどうにかして気道をひろげ、呼吸を再開するからです。
では、睡眠時無呼吸症候群のどのようなところが怖いのでしょうか。

実は、睡眠時無呼吸症候群は放っておくと、じわじわと体を蝕み、この疾患特有の眠気は事故を引き起こすため他人にも迷惑をかけることがあるのです。
適切な治療を行うためにも、睡眠時無呼吸症候群のことを勉強してみましょう。

原因について

SASの原因とは一体なんでしょうか?
具体的には、舌の付け根や軟口蓋と言われているところが気道へ落ち込んだり、首のまわりに脂肪がついたりアデノイドや扁桃肥大が原因となります。
また、顎が小さい、顎が後退している(小顎症)が原因となることもあります。
SASは肥満に伴った疾患と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、やせていても顎が小さいことでSASを羅患している方も多くいらっしゃいます。
やせている方でも無呼吸を指摘されたり、昼間に眠気を感じる方は要注意です。受診をお薦めします。

SASの原因

症状

睡眠時無呼吸症候群になるとさまざまな症状が現れます。
以下の様にお心当たりがある場合お早めにご相談下さい。

SASの症状

睡眠中に呼吸が止まり、呼吸が再開するときに大きないびきを伴う。
閉じている気道を胸を一生懸命に動かして一気に広げ、空気が通るときの音がいびきです。
昼間眠くなる。熟睡感がない。
目をつぶって寝ているように見えますが、実は脳は寝ていないのです。
浅い睡眠を繰り返すために本来必要な睡眠がとれていないため、その分、昼間、睡眠を補おうとします。その実態が、昼間の眠気です。
起床時、頭痛がする。
睡眠は脳の情報整理やチャージの時間でもあります。
眠れていないということは、この作業が出来ないわけですので、記憶力や作業効率の悪さにつながります。
夜間、何回もトイレに行く。
無呼吸状態は交感神経が興奮。交感神経が興奮しているとき、体は尿を作ります。それで、何回もトイレに行きたくなるのです。
大人は寝ていても尿がたまったことに気が付き、トイレに行きますが、子供はお漏らしをしてしまうことがあります。子供の夜尿症の原因には無呼吸があげられます。
インポテンツ
ED(Erectile Dysfunction:勃起不全)は睡眠と深くかかわりがあります。
SAS特有の睡眠で見られるような途切れた眠り(覚醒反応)やレム睡眠の欠如によりEDが出現すると言われています。
欧米の調査ではED患者さんの1/4に睡眠時無呼吸があったとの報告もあります。

当院での検査・治療について

問診

眠気の程度、既往歴、生活習慣病の病歴、鼻の疾患、夜間トイレの回数などお尋ねします。

夜間の状況を教えていただくことも大切ですが、検査機器により客観的に検査することが可能ですので、無理に何かを伝えようとしなくても大丈夫ですのでご安心ください。

当院での検査・治療について

当院の検査・診断

当院では、呼吸状態を簡易的に判断する簡易検査装置を用いてのスクリーニング検査・診断を行います。
起きている時の呼吸状態を知ることにより、無呼吸の有無を調べることが可能です。
簡便に検査が出来るため、患者様にお渡しして、ご自宅で装着・検査を行い、検査後、当院にご持参いただき装置を解析します。
その結果治療が必要と判断された場合SASの症状(眠気、いびき、起床時の頭痛、熟睡感の欠如など)の改善、生活習慣病(高血圧、心疾患、糖尿病など)の改善、予防の指導やSASによる眠気症状が改善されることによる事故の防止などのアドバイスを含め全般の治療を行ってまいります。
また、重度と見られる場合は専門の医療機関へのご紹介なども行っております。

生活習慣病との関連性

生活習慣病との関連性

いびきや無呼吸はベッドパートナーに迷惑をかけますが、この疾患が臨床的に重要視される理由は生活習慣病と密接に関連しているからです。
例えば、高血圧を発症する可能性は健康な方と比較して2倍、狭心症・心筋梗塞は3倍、脳血管障害は4倍、糖尿病は1.5倍という報告があります。
その他にも高脂血症・高尿酸血症の合併も多いことが判明しています。
米国のデータでは、睡眠1時間あたり20回以上無呼吸が記録された患者さんは無治療のまま放置すると、9年後には10人のうち4人は心臓病・脳血管障害などで亡くなっていたという衝撃的な報告があります。


また、SASは特有の眠気を引き起こすため、交通事故や労災災害の発生にもつながります。
健康な人がほろ酔い~酩酊くらいの飲酒をした場合より、重症のSAS患者さんのほうがハンドル操作ミスが多かったという研究結果も出ています。
交通事故は自分のみならず、他人にも迷惑をかけてしまいます。

しかし、睡眠時無呼吸症候群はきちんとした治療を行えば、眠気やいびきはもちろんのこと、合併症についても改善することがわかっています。
心当たりのある方は専門の医療機関を受診しましょう。
もしかしたらあなたのいびきや眠気は、体の赤信号を知らせているのかもしれません。

効率的な治療を行う為に

まず、本格的な治療に入る前に生活習慣を見直しましょう。
具体的には運動療法やアルコールの制限を行います。

減量
肥満は首周りにも脂肪が沈着しているため、気道を閉塞させます。
食事療法、運動療法を実施し減量を試みます。減量することにより無呼吸が少なくなったり無くなる方もいます。
減量が成功した方は、維持するようにしましょう。
アルコールの制限
アルコールは血圧にも悪影響を及ぼしますし、気道の筋力を低下させる作用があるために無呼吸にもよくありません。就寝前の飲酒はやめましょう。
精神安定剤の服用の制限
精神安定剤で無呼吸が悪化することがあります。
初診時は精神安定剤、高血圧のお薬など、現在服用中のものは持参するようにしましょう。
禁煙
アルコール同様、タバコは血圧にも無呼吸にも悪影響があります。
血液中の酸素の濃度を低下させたり、咽喉頭部の炎症を起こすことがあります。できるだけ禁煙をしましょう。

おおこうちクリニック

おおこうちクリニック

院長

院長(医学博士)
大河内明子

専門分野:一般内科・呼吸器内科

睡眠時無呼吸症候群 禁煙治療 よくある質問

携帯サイトはこちら

看護師募集

患者の気持ち

ドクターズファイル