よくある質問

よくある質問

-

メタボリックシンドロームって?

-

日本人の3大死因は、がん・脳卒中・心臓病です。
その内、心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を引き起こす原因は、「動脈硬化」です。
「動脈硬化」を引き起こす危険因子としては、コレステロールが知られていますが、最近の研究で肥満(特に内臓のまわりに脂肪が蓄積した内臓肥満)が様々な生活習慣病を引き起こし、「動脈硬化」の要因であることがわかってきました。

内臓に脂肪が蓄積し、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすい状態が、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」です。
これらの病気はお互いが密接に関係して発生しています。
数多く合併するほど「動脈硬化」を進行させ、心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患を起こしやすくなります。

ご自身が、「メタボリックシンドローム」なのか、その予備軍なのかを早期に把握することが非常に大切です。


-

血圧が高いといわれたのですが、放置しておいても大丈夫ですか?

-

「血圧が高い」と言われても、自覚症状もないためになかなか受診されない患者様は実は多くおられます。

液体である血液を体のすみずみに送るためのポンプが心臓であり、送るためのホースが動脈です。
ホースの中でどのくらいの水圧がかかっているかを表したのが、いわゆる「血圧」です。

「血圧が高い」ということは、肥満などにより1回の心拍動で送り出さなければならない血液量が増えてしまっていたり、動脈が硬くなったり詰まり気味になってしまっているということを意味しているのです。

また血液自体がドロドロになってしまうような高脂血症や糖尿病でも高血圧は起こりやすくなります。

高い圧を出さなければならないポンプ(心臓)は当然早く痛んでしまいます。
また心不全の原因になり、高い圧を受けた血管も早く傷みます。
傷んだホース(動脈)に高い圧が加われば、亀裂が入って血が漏れてしまいます。
その亀裂が脳で起これば脳出血(脳卒中)となるのです。

以上のことからも高血圧は放置しておかずに、早めに専門医の受診を受けられることをお勧めします。


-

糖尿病は治るのでしょうか?

-

残念ながら現在の医学レベルでは糖尿病を治すことはできません。
しかし、食事と運動の基本を守って、必要に応じ飲み薬やインスリン注射の助けを借りて、良い状態に保たれていれば健康な人と同じように日常生活を送ることができます。
又、それにより血糖を正常域に近づければ合併症を防ぐことができます。


-

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とはなんですか?

-

SAS(Sleep Apnea Syndrome)とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

無呼吸が続くことで体に負荷がかかり、生活習慣病などを引き起こすこともあります。
また、日中の眠気による事故(交通事故や労災事故)はご本人だけでなく社会的にも問題となります。

SASの早期発見・治療により、生活習慣病や眠気などの症状もきちんと改善できます。
この疾患はなにも特殊な疾患ではなく、日本には200万人いると推測されています。
ご本人に自覚が無い事や、たいしたことないと受診をためらってしまいがちですが、お気軽にご相談下さい。


-

子宮頸がんと予防ワクチンについて教えて下さい。

-

子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、「子宮頸がん(しきゅうけいがん)」といいます。

他のがんと違い、子宮頸がんはその原因が解明されているがんで、それゆえに予防が可能な病気なのです。

子宮頸がんを予防するためには、定期的な子宮がん検診の受診が効果的です。また、あなたのからだを子宮頸がんの発症から長期にわたって守ってくれる、子宮頸がん予防ワクチンが、一般の医療機関で接種できるようになりました。

子宮頸がんの原因は、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染です。
多くの場合、性交渉によって感染すると考えられていて感染を防ぐために3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。

しかし、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。

・接種対象:10歳以上の女性
・接種回数:6ヶ月間に3回接種が必要です


-

禁煙治療とはなんですか?

-

禁煙治療はこれまで、保険適用外の自費診療であったため、禁煙しようと思っていてもなかなか実現できないという方が大多数でした。

現在では、ニコチン依存についてのスクリーニングテストの結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断された場合、保険適用の治療が可能となりました。

治療方法は、ニコチン置換療法といってタバコを吸ってニコチンを体内に入れる代わりに、ニコチンを皮膚から吸収する事が出来るパッチを体に貼ってニコチンが体に入るのと同じ作用になるようにします。

最初はニコチンの量も多いものを貼ってだんだんとニコチンの量が少なくなっても禁断症状が出ないようにしていき、最後にはパッチを貼らないでも過ごせるようになります。

タバコを吸いたくなるのは、ニコチン中毒の場合がほとんどですが、ストレスや精神的なところに依る場合もあります。
「やめたいのにやめれない」「どうしていいかわからない」などお悩みの方はまずは、お気軽にご相談下さい。


-

健康診断も行っていますか?

-

はい、行っております。
職場や入社前・入学前の各種健診などお気軽にご相談下さい。


-

花粉症の治療は毎年いつから始めたほうがよいのでしょうか?

-

1月末ぐらいより初期療法を始めたほうがより効果的です。
花粉症の初期療法としては、飲み薬や点鼻薬などがあり、早めに始めることによって、花粉症の症状も軽く済むことが多いのです。


おおこうちクリニック

おおこうちクリニック

院長

院長(医学博士)
大河内明子

専門分野:一般内科・呼吸器内科

睡眠時無呼吸症候群 禁煙治療 よくある質問

携帯サイトはこちら

看護師募集

患者の気持ち

ドクターズファイル